街頭演説の記録

選挙戦最終日! 7月1日(土)のスケジュール
 
 



6月23日(金)

練馬駅前での第一声でのご挨拶(大要)

 都議会議員候補、とや英津子です。
 いま、新社会党練馬総支部委員長の鈴木安友さんが推薦のスピーチをしてくださいました。
 本当にこのような応援をいただけることに、胸が熱くなります。ありがとうございます。

 私は、4期16年練馬の区議会議員として受け止めてきた皆さんの声を今度は都政に届けます。どうぞよろしくお願いします。
 今度の選挙は都民のくらしがかかった選挙です。そしてこの結果は国政にも直結する大事な選挙です。

 皆さん。
 安倍首相は加計学園問題で、次々と関与を証明する証拠が見つかっても、疑惑にふたをして逃げ切ろうとしています。
 皆さんは国会閉会後の記者会見をご覧になりましたか。野党の挑発に乗ってしまったと言わんばかり、反省などとは言えるものではありませんでした。

 国会の役割ってなんでしょうか。内閣をチェックし、行き過ぎを正すことです。そしてそれは野党の役割でもあります。首相や行政は誠実に答える義務があります。それなのに安倍首相も閣僚も質問にまともに答えない、自らヤジまで飛ばす、あげくの果てに証人喚問を受けると言った前文部次官の個人攻撃まで始めるという異常なものでした。

 今、町中には「進める責任。東京を前へ」と書いた安倍さんのポスターが張り巡らされていますが、この言葉からはあまりにもほど遠い、政治の私物化を行い無責任な安倍政権が、どこに東京を進めようというのでしょうか。

 自民党や公明党を支持されてきた方、今の安倍政権やっぱりおかしいとお考えの皆さん、まともな政治を取り戻そうではありませんか。
 安倍政権と正面対決してきた日本共産党を伸ばしてください。この練馬では私とや英津子に安倍政権への怒りの声をぜひお寄せください。

 皆さん。
 秘密保護法、戦争法に続き強行成立された共謀罪。いずれも憲法違反の法律を通した後、いよいよ憲法9条改悪、戦争する国に突き進もうとしています。
 9条壊すなの声を、党派を超えて私とや英津子にお寄せいただき、憲法破壊の自民・公明・維新に審判を下し、9条を一字たりとも変えさせず、子どもたちに次の世代に手渡しましょう。

 皆さん。
 小池都知事は豊洲移転を正式に表明しました。
「築地を守る」と言ったことは、都民の皆さん、仲卸の皆さんと共産党の運動がつくった第一歩です。

 しかし、食の安全安心を確保する、築地ブランドを守っていくと言いましたが豊洲は無害化ができていません。豊洲移転すれば仲卸業者は激減し、築地ブランドを守れる保障はありません。築地で再整備すれば、そのどちらも実現できます。今一度豊洲移転の方針を再検討し築地市場再整備について市場業者の皆さんと協議すべきではないでしょうか。

 皆さん。今度の選挙で私とや英津子に食の安全・安心守れの願いを託してください。

 そもそもこの問題は、石原元都知事と自民・公明が大手のゼネコンと一緒になって都心の一等地築地市場を業者を追い出して開発がしたいというところから始まりました。
 多額の献金をゼネコンからもらって利権構造をつくり、都政が私物化され歪められてきた。その結果が今回の豊洲の問題を引き起こしたのです。

 自分たちの利益最優先の都議会自民・公明の責任は重大です。盛り土の問題はじめ都政のチェック機能を果たしてきた日本共産党を伸ばしていただき、じゃぶじゃぶと公金を使うような無駄遣いを二度とさせない都議会をつくりましょう。その先頭に私とや英津子を立たせてください。

 練馬の区議として14年間、3人の子どもを育てながらお母さん・お父さんと保育園をつくり、学童クラブの待機児解消に力をつくしてきました。
 赤ちゃんの命を救えなかったこの練馬で、順天堂練馬病院に周産期医療ができる90床の病床増へとつなげてきました。

 今、私のところには保育園探しでへとへとになったお母さんから「二人目はあきらめなければならないのか」と、高齢者は「長生きしてはいけないのか」との声が届いています。
 私は、この声を必ず都政に届けます。どうかみなさんの願い、私とや英津子に託してください。

 今、都政は前に進んでいます。
 17人の都議団の力が認可保育所増設や議員報酬を引き下げ、いま都政は一歩一歩前に進んでいます。
 長年続いた自民・公明の逆立ち都政を切り替えるため4年前に躍進した17名都議団が頑張っているからです。

 私とや英津子は都議団の成果を引き継ぎ、都の予算を使って認可保育所の9万人分の定員拡大、若者の返済不要の奨学金や家賃助成で東京で学び暮らせる条件をつくります。
 シルバーパス利用料の引き下げで高齢者が気軽に出かけられる都政をつくります。

 皆さんのお宅には健康保険の納付書が届いていますね。今年は過去最高の値上げです。私は国民健康保険料の値上げストップで一万円の値下げ実現のために全力をあげます。
 これらは予算の4%を組み替えればできる現実的な提案です。

 今、自民党・公明は2兆円もかける外環道の延伸を進めようとしています。
 この練馬でも外環の2や放射35号線など道路計画が都と区が一体で推進しようとしています。
 日本共産党を都議会で伸ばしていただき、これら不要・不急の開発や道路計画を見直させて、暮らし子育て最優先、長生きして良かったと言える、命守れる都政をご一緒につくりましょう。どうかこの仕事を私とや英津子にやらせてください。

6月23日(金)練馬駅前にて