生活相談からーもしかして詐欺?

 昨日定例の火曜日の駅頭宣伝ができなかったため、今朝練馬駅に立ちました。
 寒さを実感する朝でした。
 午前中は生活相談、中小業者の方からの相談です。
 練馬民商で待ち合わせ、お話を聞くと…。
 美容室のSさんのところに中央東和レジスターという会社から、営業マンが来て「ぜひモデル店に」というお誘いです。何かと思ったら電光掲示板を店の外に設置して、それをインターネット上で宣伝するというものでした。
 モデル店というからには無料だろうと思ったSさんですが、何日か考えているとまたセールスに来ました。「どうですか」と何回か勧められ、商売に役にたつのならと承諾。
 契約書に名前と住所などを書き込むと、なんと右側に金額が入っているではありませんか。念のため確かめるとリース契約だといいます。内容は月21000円の72回払い、その後自分のものになるのならこのくらいの投資はしようと契約しました。しかし、後でよくよく見るとリースではなく、ローンの契約です。おかしいと思って問い合わせると、「説明しました」と返事が返ってきました。
 全額で150万以上の金額を6年間かけて払わなければならず、しかもローンとなると税金もかかります。契約解除を申し出ましたが、書類があるので法的には無理です。
ところが、近所の商店をよく見ると同じ電光掲示板があるではありませんか。話を聞くと月1万円程度です。全く同じものがなぜこんなに金額に差があるのか。ここでも疑問を覚えたそうです。
 弁護士に相談をしましたが、法的に解決するのは難しいとのこと。
 では、ご一緒に民商と相手を呼んで交渉しようということになりました。
 景気が低迷しているもとで、少しでも売り上げを伸ばしたいと考える中小業者を食い物にする詐欺のような事件です。許せません。
 法律で解決できないことがたくさんあるもとで、できる限りのことをしようということになりました。
 
 今日の相談で少し元気になって帰られたSさんでした。
 昼からは会議。夜は企画部長のところに関越高架下問題で住民の方々と申し入れに行きました。
 6時から約束の1時間をすぎても議論が白熱し、結局平行線でしたが、11月に高架下問題で説明会を開くとのこと。なんとか住民のみなさんの意向を反映できる高架下利用を実現したいと思います。
 その後も遅れて会議に出席。今日は実働時間が12時間を超えました。
 明日から、常任委員会視察で大阪、京都にでかけてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です