住民の方々と放射線測定ーホットスポット練馬でも

 10月16日は、前日から朝方にかけての雨が午前中に上がり、夏に逆戻りしたような暑さでした。
 練馬まつりが、練馬総合運動場で開催されたのは良いのですが、水はけが非常に悪く地面はくちゃぐちゃでした。
 前日から職員は泊まり込みで待機、朝方風で飛ばされたテントの改修と整地に大変な苦労があったと聞き、改めて、お疲れさまです。
 午後から住民の方々と一緒に、放射線量の測定にでかけました。
 某大学の先生から借り受けた精度の良い測定器で計測です。総勢12名が2台の車に分乗し、いざ地域へ。
 事務所前を測定後、桜台の富士公園、練馬の一丁目公園、タコ公園などを測定。文化センター前の芝生広場にも行きました。
housyasenn1 文化センター芝生から0.3の放射線量検出
 落ち葉のつもっているところ、雨樋などホットスポットになりやすい場所を測定していきましたが、文化センター芝生からは0.3マイクロシーベルトと、練馬区の放射線規制値を上回る数値がでています。
 さらに豊玉にはいり、測定。雨樋からはやはり高い数値が出ました。
 他区でも、ホットスポットが発見され区が対応するなどの事態となっています。
 練馬区でもきめ細かく計測し、区民に正確な数値を情報提供すべきではないかと思います。
s-DSCN0192.jpg  今回の測定をもとに区に対策を求めていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です