練馬小学校で放射線量0.63マイクロシーベルト

視察先の広島で練馬小学校の堆肥を測定したところ隣接した砂山からから検出されたとの連絡を受けました。
日曜日に地域の方々と測定行動をしたばかりなので「やっぱり」というのが率直なところです。
今回練馬区は、今になってブルーシート等で覆う等の対応をしていない堆肥のサンプリング調査で練馬、開四の2つの小学校で測定しています。
区の基準値0.24を上回る数値がでれば、子どもたちや保護者はこれまで以上に不安となります。対応については、専門業者に再測定させて、子どもたち勝近寄らないようにしたようですが、今後の対応の方針もきまっていない様子。
区民の声に応えるよう、求めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です