区が給食食材の独自測定を約束

 
 2/10(金)に日本共産党練馬区議団を代表しての一般質問を終えました。
 先日お知らせした内容で登壇しましたが、やってみての感想としては、まず与党のヤジの多さです。
 社会保障と税の一体改革で野田政権批判を言うと、「そうだ、その通り」と自民からの反応です。
 ところが、今や野田政権は自民党以上に自民党的政権というと「共産党に言われたくないよ!」などとヤジが飛ぶ始末です。
 他の質問者と比べ、今まで眠っていた議員も起きだして良く聞いてくれました。
 
 とても興味深く、楽しい反応と言ってもよいくらいでした。
 質問に対して、理事者は本当に不真面目と言わざるを得ない答弁です。
改めて、答弁含めてお知らせしたいと思いますが、唯一放射線対応では、給食食材の区独自測定を約束しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です