駆けある記

総選挙・都知事選挙がはじまります

 任期半ばで、職を放り出した石原氏。無責任きわまりないと思いますが、東京都政を変えるチャンス到来です。
 都知事選に立候補を表明した宇都宮氏は、「都政で実現をめざす4つの柱」((1)誰もが人らしく、自分らしく生きられるまち、東京をつくります(2)原発のない社会へ―東京から脱原発を進めます(3)子どもたちのための教育を再建します(4)憲法のいきる東京をめざします)を発表しています。
 記者会見での宇都宮さんの、思いを記事で読み、この人ならと思われた方も多いのではないでしょうか。
 
 石原前都知事によってずたずたにされた都政を都民のもとに取り戻すため、大いに応援したいと思っています。
 そして国政も激動です。
 16日の本会議で解散した衆議院。12月4日公示、16日投票の総選挙です。
 都知事選挙と同日で行われる選挙ですが、3年4ヶ月ぶりの解散・総選挙となります。
 国民との約束をことごとく裏切り続け、より自民党化した民主党が、国民の批判と怒りによって追いつめられた中での解散です。
gaisen1  昨日は、とや英津子、有馬豊、島田拓の3区議で新宿西口で行われた緊急街頭演説会に行ってきました。
gaisen2  消費税、原発、TPP、オスプレイなど「財界中心」「アメリカいいなり」政治をなんとしてもやめさせたいと、選挙勝利のため、力をつくす決意を新たにいたしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP