駆けある記

高松に新しい障害者の事業所とグループホーム開所

 今日から10月です。定例の朝のご挨拶は、途中まで行ったところで雨のため中止に。
 台風の影響で空気がかなり湿っています。小雨交じりの中、高松町に新しく開所する障害者の就労支援、就労継続事業を行う事業所と、グループホームの開所式にでかけました。
guru-h1  社会福祉法人 未来・ねりま「ねりま高松事業所・グループホーム高松」です。
 就労移行支援は12名 就労継続支援は20名 グループホームは4名定員です。
guru-p2 guru-p3  多くの関係者などが力を合わせ、困難を乗り越えて開所を迎えることができたと喜んでいます。
 練馬区は、区議会でも取り上げましたが、グループホーム・ケアホームが足りません。障害者の就労も経済状況の悪さも反映してか、なかなか進まないのが現状です。
 こうした中、事業所やグループホームが開設することは、障害者やその家族などにとって嬉しいことです。
 練馬区内の特別支援学校の副校長さんからは、多くの子どもたちの卒業後の就労を考えると、就労支援はありがたい旨の挨拶もありました。
guru-p4  今後スムーズに地域に根ざした施設として運営されることを願っています。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP