区議会第4回定例会はじまる

こんばんは。練馬区議会議員の、とや英津子です。

11月27日から始まった区議会第四回定例会。初日は区長の所信表明が行われました。

所信表明は以下のとおりです。

1,はじめに

2,区政改革

3,障害者施策の充実

4,災害につよい安全なまちづくり

5,練馬区産業振興ビジョン

6,練馬区エネルギービジョン

7,練馬区教育・子育て大綱の策定

8,おわりに

ホームページ上に公開予定です。

党を代表しての一般質問に米沢ちひろ議員が、2日には、島田拓議員が立つ予定となっています。

区長の基本姿勢として戦争に道を開く安保関連法、社会保障の大改悪と消費税増税への認識や、マイナンバー制度への対応を問うとともに、医療や国保、子どもの貧困、保育、住宅リフォーム助成など区民生活支援、また駅前再開発計画の問題など今、区政で焦点となっている問題を取り上げる予定となっています。
ぜひ、傍聴に来てください。

今議会に提出される議案

個人番号を利用する事務やコンビニエンスストアにおける印鑑登録証明書の交付サービスなど条例一部改正が9件。住民基本台帳カードの自動交付機による証明書の交付サービスの廃止が1件。
南田中と土支田の道路認定2件、関越自動車高架下倉庫・スポーツ施設ほか新築工事請負契約1件。その他指定管理者の指定26件となっています。
党区議団は39件の議案が区民にとってどういう影響があるのかよく調査をし、問題を明らかにするとともに、区民生活向上のため奮闘する決意です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です