石神井公園「豊島館」で共産党臨時大会開催ーかるがも便り掲載

こんばんは、日本共産党練馬区議団 とや英津子です。

1923年、日本共産党の臨時大会が練馬の石神井公園にあった料亭旅館「豊島館」で開催されました。

本日まちづくり情報誌「かるがも便り」が手元に届き、開くと歴史シリーズ石神井公演歴史秘話③「石神井ホテル」の歴史と題して、日本共産党の臨時大会の場所となった「豊島館」が掲載されていて驚きました。郷土史家の葛城明彦氏が書いています。

s-karugamo

今はもう石神井公園を散策するひとの通路となっている場所ですが、かつて「石神井ホテル」という名の観光旅館が存在しており、このホテルの前身となったのが「豊島館」「武蔵野館(別館)」という名称の料亭旅館。1917年に営業を開始しているそうです。

営業開始から6年後に「豊島館」で共産党は臨時党大会を開き、党綱領草案を作成。

その後この建物は保谷硝子の社員寮になったり、陸軍成増飛行場が設けられると閉鎖。その後陸軍兵士らを対象とした売春窟に変貌してしまったそうです。芸術家のたまり場にもなった館ですが、最終的には1975年12月、取り壊し。前日豊島館前には約30人の共産党員が集い、追悼も行われたということです。

石神井公園の「豊島館」の話は以前にも聞いたことがあるのですが、改めて「豊島館」がたどった歴史を関心をもって拝読しました。

 

3 responses to “石神井公園「豊島館」で共産党臨時大会開催ーかるがも便り掲載”

  1. 香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅは派遣にパワハラで指切断の重傷を負わせた糞ブラック企業

    • とや英津子 より:

      新年明けましておめでとうございます。お返事が遅くなり申し訳ありません。
      ブラック企業の告発、当事者の方でしょうか?それともお知り合いの方のお話でしょうか?もう少し具体的にお話しいただけると助かります。またご相談なのか、議会で取り上げることなのかなどご要望についてもお知らせ下さい。

  2. 練馬の住人影武者 より:

    石神井城だけでなく共産党発生の地だったんですか。
    石神井公園三宝寺池には秘められた数々の歴史があるんですね、
    葛城明彦先生勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です