豊洲新市場-基準値上回る有害物質

豊洲新市場-基準値上回る有害物質

こんにちは練馬区議会議員・都議予定候補とや英津子です。

豊洲新市場問題で最終となる9回目の地下水モニタリング調査の結果が出ました。201箇所中72箇所で環境基準値を上回る有害物質が検出。最大でベンゼンが基準値の79倍というのです。都民の皆さんはどのように思いましたか?

これまでの調査では、いずれの地点でも環境基準を上回る物質は検出されていませんでした。

ところが8回目の調査で、合計3箇所から環境基準値を僅かに上回るベンゼン・ヒ素が検出され、そしてさらに今回、それとは比べ物にならない数値がでたのです。

今後専門家会議で再検討がされるようですが、今までの数値は何だったのか。調査会社が今回変わったとのことですが、なおさら今までの数値が疑われます。

ところが都議会自民党は、豊洲は安全、早く移転をなどとニュースまで出しているのです。無責任ですね。


 

この問題では日本共産党都議団は、小池都知事に申し入れも行なってきたところでした。

盛土の問題はじめ都庁の闇をもっと明らかにすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です