駆けある記

在宅血液透析患者への水道料金減免をー都議会公営企業委員会

こんにちは、練馬区選出都議会議員とや英津子です。

今日は石神井公園駅西口で有馬区議とともにご挨拶。その後都庁へ。
公営企業委員会理事会が12時30~、13時からは委員会が開催されました。

私は、陳情の質疑で血液人口透析患者さんが水道料金の減免を求めたものです。

都内で約3万人が人工透析を受けており、そのうち在宅での透析は72人といわれています。陳情者は二ヶ月で水道料金が4万233円になり、それまでの二万円台から大きく負担増となっています。少しでも減額があれば在宅透析が継続できるとのことで陳情を出されました。

血液透析はとても身体に負担がかかり、ましてや現役で働いている人が通院しながら透析するのは時間的にも大変です。
一方、まだ在宅での透析患者が少ないことから、減免対象とできるかどうかの議論もされていません。こうした状況を考え、陳情は趣旨採択を主張したいと思っていましたが、今回は継続を主張しました。

この陳情に関して、質疑をおこなったのは共産党だけで、公明党は意見表明、他会派は意見も質疑もせず不採択としました。

 

各会派の態度

共産党     継続

都民ファースト 不採択

公明      継続

自民      不採択

民主      不採択

かがやけ    不採択

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP