駆けある記

日本共産党がんばれ 図書館の会

こんにちは、練馬区選出都議会議員とや英津子です。

2月17日、朝から日野市議選の応援に入りました。青空が広がるもと気持ちよく大高候補と一緒に高幡不動駅周辺の町をまわりました。選挙結果は全員当選!

この日、午後から文京区へ。日本共産党がんばれ「図書館の会」にお招きいただき区民センターに向かいました。

日本共産党幹部会委員の土井洋彦さんによる、日本共産党の綱領が示す 政治、社会、文化についてー図書館を進展させる基本を考える!の講演がありました。ご自身の図書館との関わりから、戦前の日本共産党の活動と小林多喜二や野呂栄太郎などが図書館とどうのように関わっていたのか、大変興味深い内容で話が進みました。


日本国憲法の人権規定、学問・研究の自由、文化活動の自由を保障する図書館の役割などなど。

この会には、吉良よし子参議院議員も挨拶に来られて、これまでの図書館問題での国会質疑の紹介がありました。

今、東京区部を中心に広がる公立図書館への指定管理者導入。全国から集まった参加者からも発言がありました。図書館に不可欠な継続性・安定性・蓄積は指定管理者では果たせないことを多くのみなさんに知ってもらいたいという気持ちを強くしています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP