駆けある記

いしずえ会の納涼会

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

都議団は今、毎日都内各種団体の皆さんから来年度の予算要望を受ける懇談会を開催しています。一日に5団体から多い人では10団体以上受け、昼食を食べる間もなく動いている日もあります。寄せられた要望は、来年度予算に反映させるため要望書としてまとめ小池都知事に提出しますが、議会でも論戦して、一歩でも二歩でも前進をさせていきたいと思っています。

今日は、「いしずえ会」納涼会がありました。坂尻区議地域でのつどいや桜台の支部の集まり、武蔵関駅での宣伝などが入っていたので、少し疲労ぎみです。




「いしずえ会」とは

今年は3月に、平和と民主主義、国民生活を守るために活動した故人を追悼する「第63回解放運動無名戦士合葬追悼会」が、東京都新宿区の日本青年館で行われました。私は今年の合葬の後の遺族懇親会に初めて出席させていただきました。残された遺族が支え合い、励まし合い様々な取り組みをしているのが「いしづえ会」です。





基本的に、自治体ごとにつくられている「いしずえ会」、今日は練馬の納涼会でした。区議団からは坂尻区議が参加しています。熱中症が心配される日中でしたが、多少具合が悪くてもみんなに会いたい、普段、家に閉じこもっているが、来て良かったなど納涼会にきて元気を取り戻したような方もいます。

亡くなった夫や家族への思いを参加者みんなで共有し、少しでもできることをしたいとおっしゃってくれる人もいて、私自身が励まされた会でした。ボランティアで三人グループが「南京たますだれ」を披露してくれました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP