駆けある記

東商連70周年、東商連共済会40周年記念レセプション

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

今日から12月、いよいよ師走です。それにしても一年間の早いこと、あっという間でした。急いで生きているような気になります。

午前中の地域訪問を終え、中野サンプラザで行われた東商連70周年、共済会40周年記念レセプションに向かいました。車で走っているとかつての中野刑務所は「平和の森公園」に。HPを見ると、区民・区議会・行政が一体となった運動で跡地を防災公園にしたとあります。練馬でもこんな運動ができたらいいな、などと考えています。

東商連は、東京の中小業者の営業と権利、暮らしを守るために当事者の運動でできた団体です。都内各自治体にも民商の名で親しまれた団体があります。税金相談や毎年の重税反対行動の要として力を発揮してきました。国民健康保険制度の改善や婦人部では所得税法56条の改正で白色申告でも家族労働を認めるよう求めて運動をしています。


私は都議団から代表で出席させていただきました。吉良よし子参議院議員も出席しており、日本共産党を代表してご挨拶。特に、安倍政権が企む消費税増税には断固反対を貫き、中小業者の営業を守るため力をつくすとの挨拶がありました。

景気の悪化は、東京で商売をしている中小業者の営業を直撃しています。4日から都議会が始まりますが、東京都はこの議会で中小企業振興条例を上程します。この条例を実効あるもにするためますます頑張りたいと思っています。今日は、労働組合の東京地評、東京土建中央執行委員会役員の方、東京革新懇などの方々が来ており、ご挨拶することができました。

式典のみの出席で、急いで練馬に帰り武蔵関で定例の宣伝。来年は一斉地方選挙です。この地域は有馬区議が5期目を目指して活動しています。
風が強くて身体が冷えてきましたが、パンフの受け取りが良く心は温かでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP