駆けある記

今年の終わりはライブとフェルメール

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

2018年が終わろうとしています。今年もたくさんの出逢いと別れがありました。泣いたり笑ったり、怒ったり悲しみもありましたが、一つ一つに感謝して新たな年を迎えたいと思います。

年末の夜は会議や忘年会などもありましたが、あらかじめ予約していたライブへ出かけました。新宿の「ジャズスポットJ」。大野雄二トリオです。スタンダードナンバーの演奏を楽しみました。長い間、親しまれ愛されているアーティストの実力を感じました。
さらにフェルメール展開催中の上野の森美術館へも。年末ぎりぎりの30日、夕方から。

なぜ行ったか。以前、他の美術館にてフェルメールのエリアが工事中で入れなかったから。はるばる来たのに残念無念な思いをしたから。
私は絵画をよく知りません。しかし、フェルメールはもちろん、17世紀のオランダ画家の高い技術にため息が出ました。

フェルメール、全8点を堪能しました。さらに、知らない画家ばかりですが傑作が何点もありました。射止めたウサギの毛の柔らかさは触りたくなるほど。。ワイングラスに映る窓の描写。若い女性の肌の美しさとモモとプラム?が重なり合うさまなどなど。私の表現力では語りつくせませんが、豊かな時間をすごしました。

今日は田舎で大掃除と正月の準備です。

来年は、いっせい地方選挙、参議院選挙です。安倍政権を倒す大きな一歩を踏み出す年にしたいと思います。

今年もお世話になりました。皆さま良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP