駆けある記

各区議候補のつどい

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

一月末から2月にかけて4月の区議会議員選挙予定候補のつどいが開かれています。私も応援とあいさつにうかがっています。このところの雪の予報は嬉しい反面仕事にはつらく、特に東京は交通麻痺が顕著なので移動が大変です。その予報がはずれて、昨日今日と曇り空で気温も低かったのですがなんとか持ちこたえました。

新人の小松あゆみさん、やくし区議はすでに終わり、昨日と今日は有馬、坂尻両区議のつどいでした。どのつどいも候補者をなんとしても勝たせたいという地元後援会の力を感じたつどいでした。
消費税増税、憲法改悪に加え最近の毎月勤労統計調査の不正など腹の立つことばかりのため、みなさんの怒りと日本共産党への期待の高まりを感じます。ぜひ野党共闘をという声もかかります。区政では特養や保育園はつくるという前川区政ですが、一方で道路整備の聖域化や施設の統合や廃止、基金は900億円も貯めるという区民に二者択一をせまるものとなっており、批判が高まっています。この区政を地方自治体の本旨で住民福祉の増進に切り替えるため、力をつくしたいと予定候補の決意表明を聞きました。

今日の、坂尻区議地域のつどいでは後援会から羽田空港の機能強化問題、みどりバスの増便など地域要求についても発言もありとても頼もしく感じました。

私からは、都政と都議会の状況からみた選挙情勢、各候補者の紹介もさせていただきました。
区議会議員選挙まであと約2ヶ月。各区議候補の決意表明や地元の皆さんの思いを聞き、6名全員の当選のため力をつくしたいと改めて心に刻みました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP