駆けある記

旭丘建築紛争

 昨年から旭丘で起きている建築紛争は未だ解決せず、新年を迎えてしまいました。
 今日は、今年最初の住民説明会。
 高齢者住宅を建てたいとする地元の重林寺と積水ハウスと近隣住民のみなさんとの対立は以前お伝えしました。
 何回かの説明会を経てきましたが、なんとか階数を減らして欲しいとの要望に対し、かたくなに拒み続ける建築主との間に折り合いがつきません。
 今日もいろいろ説明はありましたが、結局は一歩も譲歩をしてもらえない住民の方々の怒りを買っています。
 確かに法律では、反対する住民がいたとしても建設はできます。
 しかし本当にそれで良いのか、疑問がわきます。
 実際、本気で住民に理解を求めるのであれば施主の重林寺が出席をして責任ある説明をすべきです。ところが、これまで3回~4回の説明会で施主が出席したのはたった一度きりです。
 一階だけでも下げて欲しいという住民の方々の切なる願いも聞かず、福祉のためといいながら、実は資産運用だということが明らかになり、ますます不信感を買っている状況です。
 今後、どこを着地点とするのか、施主である重林寺さんの態度が問われます。
hana 新年会のビンゴゲームでいただきました「オブコニカ」
 今日は、その後に栄町町会の新年会が栄町会館でありました。少し遅れて参加させていただきましたが、とても暖かい町会です。
 今、町会の役員さんもなり手がおらず大変な中、大盛況でした。
 こうした機会に、町会の方々から様々なご意見をいただきます。また、相談もあります。
 一つ一つ、丁寧に応え少しでもお役に立てたらと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP