区長候補記者会見―古賀義弘さん

 私たち、日本共産党は「練馬区政改革・市民の会」が要請した元嘉悦大学学長の古賀義弘さんを応援し、「新しい練馬」、真に区政の主人公は区民といえる区政をめざします。
 「新しい練馬をつくる会(仮称)・準備会」の基本姿勢は次の8点です。
1、 区民に開かれた、透明でムダのない行政・財政運営をします。
2、 区民の命とくらしを守り、安心・安全のまちにします。
3、 商工業者と働く人たちが元気になり、希望をもてる区政を進めます。
4、 憲法の理念を活かし、区民が主人公の区政を進めます。
5、 トップダウン方式ではなく、区政にたずさわる職員の智恵と力を発揮する区政運営にします。
6、 男女平等・共同参画の姿勢をつらぬき、女性の視点を活かした区政にします。
7、 みどりと農業、地域環境を守り、住みよいまちにします。
8、 「非核都市練馬区宣言」の精神を尊重する区政にします。
  古賀義弘さんは経済学を専攻され、日本大学教授、嘉悦大学学長を務められました。
 真摯で誠実な、お人柄、幅広い研究と活動経験、とりわけ練馬区のさまざまな住民運動にかかわられてきたことから、区長として最良の方と私たちは確信しいます。
【記者会見】
1、 日時 2月7日(月) 午後1時30分より
2、 会場 練馬区役所 本庁舎19階 1902室
【古賀義弘さんの略歴】
 1942年福岡県生まれ 練馬区在住
 日本大学卒業 日本大学大学院修了
 日本大学理工学部教授 嘉悦大学経営経済学部長 嘉悦大学学長
 現在:嘉悦大学名誉教授 立教大学兼任講師
    「何よりも人と自然を大切にする練馬区をめざす区民集会」代表委員
 著書:『日本産業と中国経済の新世紀』『日本の製造業を分析する』など多数
2011年2月3日
「新しい練馬」をつくる会(仮称)準備会 呼びかけ人
阿部 信子(ねりま演劇を観る会・会長)    有原 誠治(アニメーション演出家)
遠藤 直榮(全日本自治体退職者会東京都本部副会長)
小川 政亮(社会事業大学名誉教授)       片山 むぎほ(元高校教員)   
杆淵 智子(消費税をなくす全国の会常任世話人) 加藤 久晴(元東海大学教授)  
近藤 豊子(練馬を変えたい週刊金曜日読者の会) 菊池 紘(弁護士)       
上甲 まち子(俳優)             東海林 勤(牧師・高麗博物館理事) 
高橋 秀雄(関越自動車沿線環境向上協議会)   高畑 勲(アニメーション監督)  
中村 茂樹(練馬駅北口区有地を考える会)   原 純子(元旭町第二保育園父母の会会長)   
阪東 宏 (明治大学名誉教授)        三村 翰弘(筑波大学名誉教授)  
山本 由美(和光大学教授)          吉田 己蔵(新日本スポーツ連盟練馬理事長)  
吉原 功 (元明治学院大学教授)          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です