駆けある記

旭丘小・小竹小・旭丘中の統廃合方針について

こんにちは、練馬区議会議員とや英津子です。

練馬区の教育が子どもたちや保護者、現場の教職員、地域の人たちの声を無視して大きく変えられようとしています。

その一つが小竹小・旭丘小・旭丘中を統廃合して施設一体型の小中一貫校をつくる方針(案)です。

教育委員会はこの三校の規模が小さく、適正規模を下回っていることで学校運営に支障をきたしかねないことを強調しますが、区財政を圧迫する学校校舎の削減を同時に進め、小中一貫教育を学校統廃合の手段とする区の姿勢が浮き彫りになっています。

今年作成した「練馬区小中一貫教育推進方針(案)」では、小中一貫校の候補となる小中学校の中に旭丘小中学校を入れましたが、小竹小については「連携を図る必要がある」との記述にとどめていました。ところが、10月12日の文教児童青少年委員会では「練馬区公共施設総合管理計画(素案)」と「練馬区学校施設管理基本計画(素案)」が示され、旭丘小学校・小竹小学校・旭丘中学校を小中一貫校へ再編すると明確に打ち出しました。関係者の納得も理解も得ないままリーディングプロジェクトとして公表する区のやり方は異常ではないかと思います。

ましてや小竹小学校については今後子どもの数が増加する予測もあり、この間の2回の説明会でも300人以上が参加し、保護者や関係者から強い反発が起きています。私が出席した説明会でも、小竹地域の人たちを中心に意見が上がり、小竹小の存続を強く要望する意見が相次ぎました。小竹小学校が廃校になれば、小学一年生から1キロ以上離れた旭丘の一貫校へ通うことになります。子どもたちにも「学校がなくなるの」などと不安が広がり、合意形成もできていないもとで乱暴な統廃合はやめるべきです。

関連記事

コメント

    • 田村三香子
    • 2016年 10月 18日

    小竹町に根ざしているからこその小竹小学校。特色ある学校だから、個性光る子どもたちが育っています。
    小竹町はこれから子どもたちが増えていきます。いま小規模だからといってなくさないてほしいし、小規模であっても、それが素晴らしい教育の条件になったりするのだから、簡単に統合しないでほしいです。

    • 田村三香子さま

      こんにちは。メッセージありがとうございます。
      小竹の方々に最近もお会いし、小竹小学校をコミュニティの核としてみなさんが交流してきたこと。卒業生もお孫さんを通わせてる方も皆、大事に育んできた歴史があることを再確認しました。机上の計画を押し付ける練馬区に憤りを感じるのは当然です。小規模は適正でないと決めつける区は先に廃校ありきと言わざるを得ません。地域の力でぜひ小竹小学校を守りましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP