駆けある記

一斉地方選挙、小松あゆみさんと現職5名が決定!

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

火曜日の朝は練馬駅でご挨拶からスタート。涼しくて秋を感じる心地よい朝のでしたが、心は怒りで燃えています。

前日の農水省による築地市場の豊洲新市場への移転の認可書を交付は、多くの都民、市場関係者の怒りを買っています。豊洲市場でコンクリートに亀裂が入っているとのニュースも届いています。。

都議団は11日、新宿駅西口で築地市場の豊洲新市場への移転に抗議し、撤回を求める宣伝行動を行いました。

わたしは宣伝を終え、党と後援会の緊急決起集会へ。
来年の一斉地方選挙で練馬の日本共産党は、6名の候補者を擁立し闘います。 この間3期にわたり活動してきた米沢ちひろ区議会議員が引退します。後継者として新人の小松あゆみさんが立候補します。そして現職5人の選挙です。小松あゆみさんは、保育運動を通じて政治は変えられると確信し、どの子ども達もより良い保育や教育を受けられる、区民本位の区政へ変えていきたい。 「子どもからお年寄りまで、誰もが生きやすい練馬」をつくるために一所懸命取り組む決意を表明しました。頼もしい候補者です。米沢区議の後継者として必ず当選させ、6名の区議団擁立に力を合わせようと決意を固め合いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP