駆けある記

豊洲市場、改めて調査する必要なしー知事が答弁

こんにちは、日本共産党練馬区選出都議会議員とや英津子です。

今日は各会派の代表質問が行われました。

その中でほとんどの会派がとりあげた築地市場の移転問題。

都民ファーストの増子都議は、豊洲市場内のひび割れのことは指摘したものの、長い道のりだったが安全・安心に妥協を許さずにきたと都知事を持ち上げ。追加対策についても評価していました。

公明党伊藤都議、円滑に開場できるようにして欲しい。追加対策で安全性が確保できたと評価。さらには、にぎわいイベントとして2020オリンピック・パラリンピック期間中に5街区6街区で復興イベントの提案までしておりました。

自民党吉原都議は、小池都知事の批判に始まり批判で終わりましたが、築地市場はさっさと移転すべきだった、それを豊洲は生かす築地は守るなどと言って混乱させたということでした。結局移転は賛成なのです。

千客万来施設用地、ウェルポイントがあります。


共産党都議団からは、とくとめ道信都議が登壇しました。

Q1、地盤沈下によるひび割れの事実を知りながら市場業者や都民に公表しなかった都の対応を批判。都民や市場業者に謝罪を求めました。

 しかし小池都知事は、一切の謝罪はなし。地盤沈下は盛り土をすれば一定程度生じるものだ、時間の経過で収束する。丁寧な対応はするといった答弁。

Q2、東日本大震災の際に108ヶ所で液状化。このときも都は目視のみで調査はしていない。軟弱地盤では直下型地震があれば大規模な液状化がおきる可能性を指摘し、知事の認識を質しました。

 これに対し都知事は、砂やコンクリートによる締め固め等の対策を実施。市場問題プロジェクトチームで大地震に対しても効果がある。有楽町層の粘性土層であるYC層では液状化はしない。と答弁しました。

Q3、地盤沈下について、科学的根拠は示されず。科学的調査をきちんとやり、原因を解明する必要性あり。

 改めて調査はしない。

Q4、土壌汚染対策についても検証をやりなおすべき。

 安全性への影響は生じていないから検証しなおす予定なし。

どれもひどい答弁でした。築地女将さん会や中卸のみなさんはじめ都民が怒るのは当然です。

まだ質問は続きます。明日以降に報告したいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP