練馬駅北口回復期リハビリテーション病院5月スタート

 こんにちは。練馬区議会議員のとや英津子です。
 医療高齢者等特別委員会で5月開院予定の、医療法人社団慈生会が運営する回復期リハビリテーション病院の視察に行ってきました。
 練馬駅北口のCoconeriビル5階~8階部分に整備される病院ですが、病床150床はすべて回復期リハビリテーションとなります。

DSC_0292

 これまで練馬区内には回復期リハビリテーション病床は一床もなく、以前都議事務所と区議団が行ったアンケートでも、回復期リハ病床の強い要求が寄せられていました。

 都議会や区議会での質問、要望書などにとりまとめてこれまで区に要望してきましたが、開設まであと約一ヶ月。待ち遠しい方もいると思います。
 今日は開設前の忙しい時期ではありましたが、視察させていただき院内を詳しく観ることができました。

DSC_0255

 一般病室は6階~8階にあり、1人部屋14室 2人部屋2室 4人部屋33室です。

DSC_0260

リハビリに屋上で園芸もできるようです。

DSC_0262

DSC_0280

5階には広いリハビリ室。
板橋の徳丸リハビリテーション病院が移転してくるため、入院患者さんも一緒に移動ですが、練馬区民を基本に受け入れると説明されていました。

練馬で最初の回復期リハビリテーション病院が、様々な疾患をお持ちの方の機能回復など自立の願いに応えてくれることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です